やわたの熟成にんにく卵黄の成分のパワーに脱帽した件

青森県の福地ホワイト六片種と熊本産の有精卵黄を使用するやわたの熟成にんにく卵黄のその優れたパワーを知ればあなたも飲まずにはいられなくなるかもしれません。

まず気になるのはなんといってもその価格ですよね。体が元気になるとわかっていてもあまりに高すぎると続けられないものです。

しかし、やわたの熟成にんにく卵黄はその心配もご無用です。60粒入ったやわたの熟成にんにく卵黄は1日2粒のんで一ヶ月で2160円です。

やわたの熟成にんにく卵黄は1日あたり72円であなたの健康をサポートしてくれます。これなら続けてみてもいいかな、なんて思いませんか?

そして身がしまり高い栄養価をもつ青森県産の福地ホワイト六片種をやわたの熟成にんにく卵黄で使用するときには胃に優しく、そしてその豊富な栄養素を効率よく摂取できるように熟成しているのです。

にんにく卵黄ではなく「熟成」にんにく卵はどう違うのか、そえはその栄養素が熟成にんにくの方が優れているといった違いがあります。

白にんにくと熟成にんにくとでは含まれるアミノ酸の量が熟成にんにくの方が白にんにくよりも1.28倍、ポリフェノールの一種であるタンニンはなんと白にんにくのおよそ5倍も含んでいます。

採れたての白にんにくは新鮮ですが、やわたの熟成にんにくは30日間職人により熟成させ白にんにくよりも栄養価をさらに高めてくれます。

熟成されたにんにくのパワーを疲れがちなあなたに、そして元気に毎日を過ごしていきたい方に実感してほしいそれを実現したのがやわたの熟成にんにく卵黄です。

参考にしたサイト⇒にんにく卵黄の成分比較ランキング【2017年最新版】

卵黄のパワーはどんなもの?

にんにく卵黄はにんにくと卵黄というシンプルな材料で作られています。

にんにくにはそれ一つでがん予防やさまざまな体の機能を高めてくれることがわかりました。

では、にんにく卵黄のもう一つの材料である卵黄にはどのような効能があると思いますか?卵を1日1個とると健康に良いと言われていますが、卵の黄色部分である卵黄には「コリン」という成分が入っています。

このコリンは脳の働きを活発にしてくれる水溶性のビタミンで、ボケ防止やボケの改善、記憶量アップが期待できます。

コリンは豚や牛のレバーに多く含まれ、他にも大豆やえんどう豆に含まれていますが、卵黄は一つで260mgのコリンを摂取でき、またどの食品よりも吸収されやすい特徴があります。

またコリンとビタミンB12を一緒に摂取することでボケ改善の効果が高まるとされていて、卵黄にはビタミンB12も入っているので一つで効果的な食材です。

コリンが豊富な豚や牛のレバーは調理に手間がかかってしまうので簡単に取れる卵黄でボケ予防や記憶力アップ、そして、血圧を下げる「アセチルコリン」との原料にもなるコリンは動脈硬化や肝硬変の予防もすることができます。

1日1個の卵生活はこれからのあなたの健康をキープしてくれる優れた食材といえます。

卵は卵白と卵黄でできていますが、それぞれわけて栄養分をみてみると卵黄の方がぎっしりとバランスよく栄養素が詰まっていることがわかります。

たとえば、100グラムあたりでみてみると、タンパク質は卵白に10.5gあり、一方の卵黄は16.5gも含まれています。

他にも、カルシウムは卵白が6mgに対して、卵黄は150mgもあります。他にも、鉄分や亜鉛といったミネラル分やビタミン類においても卵黄の方が栄養素が高いのです。

そんな卵黄のもつ栄養素とにんにくのパワーを合わせたものがにんにく卵黄です。

にんにく卵黄の「卵黄」に含まれるコリンって?

にんにく卵黄ではどうしても「にんにく」に注目が集まりがちですが、にんにく卵黄の「卵黄」にも素晴らしい成分があることを知っていますか?

たまごは卵白と卵黄で構成されています。その二つの中で卵白は卵黄を守る働きをしていて、たまごの栄養分はほとんど卵黄に注がれています。

卵黄のもつ栄養素の中でもとくに「コリン」という成分は大豆の2倍以上も卵黄の方が多く、脂質代謝の向上に美容効果、さらには脂質代謝アップにより、肝機能を改善していく効果が期待できます。

また、神経伝達物質であるアセチルコリンは私たちの記憶に深く関係する物質ですが、この物質の材料はコリンです。

たまごを日頃から食べていない人は記憶にアップのために1日一個のたまごを取り入れてみてはいかがですか?そのたまごのおかげで、卵黄に含まれるコリンがあなたの体の中でしっかりと働き、記憶力アップ、そして脂質代謝の促進や肝機能をよくしていってくれます。

気になる血液中のコレステロール値を下げていく効果もあるコリンはあなたの体の中の健康とそして肌表面の外側の健康、そして記憶力を高めて脳の健康を守ってくれます。

そのコリンは他の食品にも含まれています。たとえば、バターや牛乳などです。牛乳180ccに対してコリンはおよそ28mg入っています。

一方、たまごは一個でおよそ2001mgものコリンが含まれています。さらに卵黄に含まれるコリンの方が脳内に吸収されやすく、また圧倒的にコリン含有率が卵黄の方が高いので健康のためにはバターよりも卵黄を摂ることを意識してみてください。